主菜

手羽先と舞茸の梅だれ

手羽先と舞茸を、さっぱり梅だれにからめました。

めんつゆを使うのでとても簡単!

 

手羽先と舞茸はどちらも旨味が豊富な食材で、意外に相性抜群の組み合わせ。

梅干しの爽やかな酸味で、いくらでも食べられそうな美味しさですよー!

ぜひ試してみてくださいね!

手羽先と舞茸の梅だれ

材料(2人分)

手羽先 8本

まいたけ 1パック

うめぼし  1個

めんつゆ(3倍濃縮)大さじ2

水 大さじ4

サラダ油 大さじ1

作り方

①まいたけは食べやすい大きさにざっくりほぐす。梅干しはタネを取り包丁でたたく。

②フライパンにサラダ油を中火熱し、手羽先と舞茸を入れる。焼き色がつくまで両面4分ほどずつ焼く。

③火を止めキッチンペーパーで余分な油を拭き取り、梅干し、めんつゆ、水を加えてさっとまぜる。

  • めんつゆ2倍濃縮の場合は大さじ3、4倍濃縮の場合は大さじ1半です。
  • 舞茸が焦げそうになった場合は一旦お皿に取り出し、③でフライパンに戻してください。

保存期間

冷蔵で4日が目安になります。

 

栄養について

舞茸には腸内環境を整える食物繊維骨を作るのに必要なビタミンDなどの栄養素が多く含まれます。

またβグルカンも豊富で、強い抗がん作用をもつといわれています。

舞茸のβグルカンは、他のきのこに含まれるβグルカンとは少し構造が違い、腫瘍の増殖を抑える働きがあることがわかってきました。

この成分は加熱に強く、炒めたり煮たりしても壊れにくいのが特徴です。