栄養ごはん

管理栄養士中井エリカの簡単レシピと作り置き

秋の作り置き♪焼ききのこのめんつゆ漬け

f:id:erika_pyys:20201029140423j:plain

 

 

旬のきのこを使った、簡単にできる作り置き!

きのこを焼くと、旨味が凝縮されて美味しさがアップしますよ。時間をおくと味が馴染んで美味しくなるので、作り置きにぴったりの一品です。

 

 

焼ききのこのめんつゆ漬け

 

f:id:erika_pyys:20201029140423j:plain

材料(3-4人分)

しいたけ 4

しめじ 1パック

えのき 1/2パック(100g

ごま油 大さじ1

◎めんつゆ(3倍濃縮タイプ) 大さじ2

◎水 大さじ2

◎みりん 大さじ1

◎唐辛子(小口切り) すこし

 

作り方

①しいたけは石づきをとり半分に切る。しめじは石づきをとりほぐす。えのきは根本を切って長さを半分に切る。

②フライパンにごま油をひいて中火にかけ、①を入れる。あまり動かさないように焼き付けるようにし、しんなりとしたら◎を加え、蓋をして2分煮る。

 

 

保存期間は冷蔵で4日になります。

 

 

 きのこは他の種類でも◎

f:id:erika_pyys:20201029134136j:plain

今回はしいたけ、えのき、ぶなしめじを使っていますが、舞茸、エリンギなど、他のきのこを使っていただいても大丈夫ですよ♪

 

 

しいたけは軸も一緒に

f:id:erika_pyys:20201029134157j:plain

しいたけの軸は、一番先の硬い部分(1センチくらい)だけを切り落として、

あとは軸も一緒に半分に切ります。

 

捨ててしまいがちな軸の部分ですが、この部分にも栄養が詰まっているし、コリッとした食感がおいしいんです♪

 

じっくり焼くのがポイント

f:id:erika_pyys:20201029134142j:plain

きのこを入れたら、あまり動かさないようにして、焼き付けるようにします。

じっくり焼くことで旨味が凝縮して、とっても美味しくなるんですよ〜!

 

フライパンはできれば鉄のフライパンを使うのがオススメです!高温で焼けるのでジューシーに美味しく仕上がります。

 

ちなみに私が使っているのはビタクラフトのスーパー鉄フライパンです。

鉄フライパンは手入れが大変なイメージがあるかと思いますが、このフライパンは手入れが簡単で、とても使いやすくくてオススメですよ。

 

 

栄養について

きのこは低カロリーで食べ応えがあるので、ダイエット中にオススメの食材です。

食物繊維が豊富なので、満腹感を与える効果があり、食べすぎを防止することができます。

 

きのこにはビタミンDも多く含まれています。ビタミンD骨や歯を作るために必要な栄養素で、カルシウムの吸収を助ける働きもしています。

 

ビタミンDは体内でも合成されますが、合成するのには紫外線も必要となるため、適度に日光に浴びることも大切です。

 

また、きのこを日光に当てることでもビタミンDを増やすことができます。

きのこを干すと、旨味もアップするので一石二鳥です!

30分ほど日光に当てるだけでも効果があるといわれているので、ぜひやってみてください。

 

まとめ

 こちらのレシピは先日、youtubeの方でも動画でご紹介させていただきました。


おいしい秋の作り置き!!おすすめ3選【簡単ヘルシーレシピ】

もしよかったら、ぜひ ご覧くださいね。

実際に作っているところがみられるので、動画の方がわかりやすいということもあるかもしれません。

 

昨日ご紹介した、鮭と玉ねぎのカレーマリネも一緒にご紹介しています。

 ↓記事はこちら

www.erika-nakai.com

 

 

 

というわけで、今日は焼ききのこのめんつゆ漬けをご紹介させていただきました。

ぜひ皆さんも作ってみてくださいね!

 

  

f:id:erika_pyys:20201102172459p:plain

 

著書「野菜がおいしすぎる作りおき 」も好評発売中!

 栄養満点&簡単にできるレシピが184品!

amazon・楽天・書店などで購入できます。

 ありがたいことに重版もしまして、たくさんの方にみていただき嬉しい限りです。

ありがとうございます!