栄養ごはん

管理栄養士中井エリカの簡単レシピと作り置き

漬けるだけで激うま!レバーの塩麹漬け【作り置き】

f:id:erika_pyys:20201109115509j:plain

 こんにちは!管理栄養士の中井エリカです。

 

今日は「レバーの塩麹漬け」をご紹介したいと思います!

レバーは鉄分がとても豊富に含まれていて、貧血対策にもオススメの食材です。

 

でも、「レバーは臭みがあって苦手・・・」という方、けっこう多いですよね?

今回のレシピはそんな方にもオススメのレシピです。

 

レバーを塩麹に漬けるだけ!なのですが、

漬けることでレバーはふっくら柔らか!そして臭みも消え去ります。

 

ぜひお試しください・・・!

レバーの塩麹漬け

f:id:erika_pyys:20201109115509j:plain

材料

鶏レバー 300g

塩麹 大さじ2

 

材料

①レバーは食べやすい大きさに切る。ボウルに水をはり、レバーを入れてかき混ぜる。3回ほど水を換えながら血抜きをする。キッチンペーパーで水気を拭き取る。

②ポリ袋にレバーと塩麹を入れて揉み込み、空気を抜いて口を閉じ、冷蔵庫で一晩漬ける。

③鍋にレバーとひたひたの水を入れて火にかけ、沸騰したら弱火にして10分煮る。ざるに上げて湯は捨てる。

 

保存期間:冷蔵4日

 

以下、写真付きで詳しく解説していきます。

 

レバーの下処理について

f:id:erika_pyys:20201109120420j:plain

レバーの下処理は苦手な方も多いかもしれません。

 

ですが、要するに切って水に晒して綺麗にするだけです!

 

レバーは、モノによっては丸いハツの部分もついていることもあります。

ハツも一緒に調理に使って大丈夫です。ハツは切り離して半分に切っておきましょう。

それからレバーも食べやすい大きさに適当に切ります。

 

ボウルに水を張って、レバー(と、あればハツ)を入れます。

ぐるぐると手で混ぜるとレバーから血の塊が出てくるはず。

水が汚れてくるので、そうしたら水を捨て、新しい水を入れてまたぐるぐる混ぜます。

 

これを3回くらい繰り返すと、上の写真のように綺麗な状態になると思います。

(写真が少なくてすみません!)

 

「まだレバーの中に血が残っているような・・・?」と思うかもしれませんが、多少あっても大丈夫です。

神経質に完璧にきれいにしようと思うと、レバーがボロボロになってしまう可能性もあるのでご注意を!

f:id:erika_pyys:20201109120404j:plain

レバーを洗ったらキッチンペーパーで水気を拭き取ります。

しっかり水分を取っておくことも、臭みを消すポイントかなと思います。

 

塩麹に漬ける

f:id:erika_pyys:20201109121806j:plain

レバーの下処理が済んだら、ポリ袋に塩麹とレバー(ハツ付きの場合はハツも一緒に)を入れます。

塩麹の量は、食材150g当たり大さじ1が目安です。

(今回のレシピに限らず、塩麹に漬けるときは基本的にこの割合でOKです。)

f:id:erika_pyys:20201109122133j:plain

全体に塩麹がいきわたるように優しく揉み込んだら、空気を抜いて、袋の口を閉じます。

そして、冷蔵庫で一晩寝かせておきましょう。

f:id:erika_pyys:20201109122236j:plain

その後、漬け込んだレバーをそのまま(塩麹を取り除かずに)鍋に入れて、ひたひたの水を注ぎます。レバーがかろうじて隠れるくらいの水の量です。

 

火にかけ、沸騰したら弱火で10分、コトコト煮ます。

それから火を止め、ざるにあげ、湯は捨てます。これで出来上がり!

 

栄養について

レバーには、鉄とビタミンAを豊富に含むのが特徴です。

鉄は血液中の赤血球を作るために必要な成分です。

レバーに含まれる鉄は吸収率の良いヘム鉄で、貧血の予防に役立ちます。

 

レバーは豚や牛のものなどもありますが、鶏レバーはその中でも一番クセや臭みが少ないといわれています。

鶏レバーはエネルギー代謝に関わるビタミンB1や、鉄とともに赤血球を作るのに関わる葉酸も豊富に含みます。

 

まとめ

というわけで今回は「レバーの塩麹漬け」をご紹介させていただきました。

ぜひレバーが苦手な方にも試してみて欲しいです。

おつまみにもオススメですよ。