栄養ごはん

管理栄養士中井エリカの簡単レシピと作り置き

焼きねぎの胡麻和え

f:id:erika_pyys:20201118141500j:plain

 こんにちは!管理栄養士の中井エリカです。

 

今日は「焼きねぎの胡麻和え」をご紹介したいと思います。

 

 

ねぎは焼くと甘みが増して、絶品!ごまの風味とも相性抜群ですよ。

 

焼きねぎの胡麻和え

f:id:erika_pyys:20201118141500j:plain

材料

長ネギ(白い部分) 2本

◎白すりごま 大さじ1

◎醤油 小さじ1

◎砂糖 小さじ1

 

作り方

①長ネギは3センチの長さに切り、フライパンに並べ入れ、蓋をして弱めの中火で両面焼き色がつくまで2分ずつ焼く。

②ボウルに◎の調味料を混ぜ合わせて、①を加えて和える。

 

ポイント

・フライパンに油をひく必要はありません。

保存期間は冷蔵で3日になります。

 

以下、画像付きで説明します。

長ネギを切る

f:id:erika_pyys:20201118141505j:plain

長ネギの白い部分を、3センチくらいの幅にザクザクと切っていきます。

 

長ネギの緑色の部分は今回は使わないのですが、刻んでスープなどに使ってくださいね。

緑色の部分は実はカロテンが多く含まれ栄養豊富です。

 

長ネギを焼く

f:id:erika_pyys:20201118141509j:plain

そうしたら、フライパンに長ネギを入れて焼きます。

油は引かなくて大丈夫です。

焦げないように、弱めの中火で焼きます。いい焼き色がついたら、ひっくり返して反対の面をまた焼きます。

焼いている間に、和え衣の材料を混ぜ合わせておきましょう。

f:id:erika_pyys:20201118141527j:plain

和える

f:id:erika_pyys:20201118141512j:plain

ネギが焼き終わったら、和え衣の入ったボウルに入れ、和えます。

f:id:erika_pyys:20201118141518j:plain

強く混ぜるとネギがバラバラになってしまうので、優しくさっくり混ぜましょう。

これで出来上がりです!

 

 

栄養について

ねぎは優れた抗菌・殺菌作用があるといわれ、昔から風邪のひきはじめに食べると良いといわれてきました。

体を温める効果もあり、冷えの予防にもオススメの食材です。

 

ゴマにはセサミンなどのポリフェノールが多く含まれ、優れた抗酸化作用があります。

リノール酸やオレイン酸などの不飽和脂肪酸も豊富で、コレステロール値や中性脂肪値を下げる効果があり、生活習慣病の予防に役立ちます。

 

まとめ

というわけで今日は「長ネギの胡麻和え」をご紹介させていただきました!

ぜひ皆さんも作ってみてくださいね〜!

 

f:id:erika_pyys:20201102172459p:plain

 

著書「野菜がおいしすぎる作りおき 」も好評発売中!

 栄養満点&簡単にできるレシピが184品!

amazon楽天・書店などで購入できます。

 ありがたいことに重版もしまして、たくさんの方にみていただき嬉しい限りです。

ありがとうございます!

 

f:id:erika_pyys:20201102172459p:plain

 

youtubeでも「食堂あさごはん」というチャンネル名で動画を投稿しています!

こちらもぜひご覧いただけたら嬉しいです♪

食堂あさごはん - YouTube

動画では普段のご飯作りや日常の様子をメインに投稿しています!

 

↓400万回再生越えの大人気動画がこちら!

www.youtube.com

 

↓モーニングルーティンも撮ってみました。

www.youtube.com